年に一度のお楽しみ♪


年末に米屋さんで機械ツキしたのを納めてもらう「のし餅」を
焼き餅や雑煮用として長方形にカットするのはワタシの仕事。
同時に揚げ餅用に小さくサイコロにカットしたものを作り、ザルに重ならないよう
広げて乾燥させておく。
今年はサイコロの大きさがビミョーに大きかったみたいで、失敗したなぁ。
切りにくいお餅を2cm弱の大きさに正確に揃えてカットするのは至難のわざ。
長年担当しているアタシだけど、元来、大雑把な性格のためか...ばらばら。(笑)

しかも今年は母の勘違いにより13日目(餅の配達日の翌日を1日目とする)で
揚げたら 揚げてもらったら、水分の抜け方がいつもと違ったようで...
あれ?早くね?と慌てて自分のブログの過去記事を確認する。
揚げてる最中の油ハネ、爆発音もすさまじく。
ぎゃぁやっぱり早すぎたッ。17日~21日じゃんかー!






13日目


c0117943_21443498.jpg




芯が残ってしまってビミョーな出来orz





c0117943_21443363.jpg



右半分には原了郭の黒七味をオン♪




半分だけ揚げて終了。残りはあと1週間待ってから作業することに。
切り餅にした分の食べきらなかったものが2枚、乾燥が激しくて
ピキピキにひび割れていた。
それも一緒に次回揚げちゃえってことで、
トンカチで叩き割ってなんとかひと口大に分割、合わせてザルへ戻す。







そして1週間後のリベンジ


c0117943_21443391.jpg



左上の方のゴツゴツなのが切り餅を砕いた方。
右下半分は年末に2.5cmにカットしておいた方。
どちらも同じ餅なのに変化の様子が違って不思議!
さぁ揚げてみるよ~
じゃなかった
揚げてもらうよ~
母に ^^;









20日目

c0117943_21443394.jpg



左半分が乾燥中の写真の砕いてゴツゴツの方。
右半分がカットしておいた方。


来年はもうちょっと小さめにカットしないとなぁ...






[PR]

by nene_co | 2015-01-19 22:03 | 特別 | Trackback | Comments(2)

ちっぱいみたいな甘食









しっぱい、じゃないよ。









ちっちゃなおぱい

ちっぱい

c0117943_13470223.jpg


左右高さが違うなー  (´3 `;)







父が大の甘食好きなので、甘食のレシピってどんなかな?と検索してみる。
なるほど横にも上にも膨らむようにベーキングパウダーと重曹のW使いなんだね。
富澤商店さんのレシピ集から「ミニ甘食」を拝借して、BP3g+重曹2gのところを
ホシノ10gに置き換え。
ブリオッシュ生地よりまだゆるい感じの生地を手混ぜで作ってから
HBの天然酵母生種作りコースで一晩放置。
でもこれは生地の表面だけが乾いてしまってダメだったなぁ。
朝、霧吹きとオーブンのスチーム発酵でびしょぬれにさせてから絞り袋に移して
6cmの円形に絞り出した。
成形は不可能だけど絞り出すには硬いというビミョーな生地...orz






c0117943_13485975.jpg



アタシ的には失敗だったけど(なんだ、やっぱり「しっぱい」なんぢゃないかー)、
じぃばぁと共に旨い!と。
外側はカリカリして中はちょいふんわり。
甘食ってこれが正統派!というのがどういうのだか正確には知らんで作ってるから、
まぁこれはこれで美味しく食べてもらったんならいっかー w




[PR]

by nene_co | 2015-01-12 13:57 | お菓子・デザート | Trackback | Comments(4)

ホシノでビスコッティ


年末におこしていたホシノ天然酵母。
もちろんスコーンもつくったけど、いつもいつもスコーンばかりだと飽きちゃうから、
ネットで借りてきたレシピで。


c0117943_06430081.jpg


オトナのビスコッティ




元レシピは cottaさんのレシピ集から「珈琲チョコのホシノビスコッティ」。
チョコチップ抜き、クルミをアーモンドスライス35gに置き換え。
発酵が足らないかなぁと気になりながらも、ねちょねちょの生地が広がったままの
天板をそのまま突っ込んだ。
なのでいまひとつ「なまこの断面」になりきってないねぇ。
でもこれ、黒いツブツブはゴマではなくインスタントコーヒー(顆粒)。
香りがよくて止められない止まらない♪






保存瓶に入れてみたけど

c0117943_06425215.jpg


目に付くたびに蓋をあけてしまうんだな







免除されてるとはいえ、年末はやっぱり水を使うことが多くなるから
手の症状もあまりいいとはいえず。

でも捏ねたり細かい成形したりしないで済む粉モノは
クリスマスからずっと結構やったんだよ。
生地を素手で触ることが少ないものばかりを選んで。
クリスマスの時のパリブレストもゴムヘラと絞り袋だけだったし。

ダメ元で買ってみたコレが大活躍しちゃってさ。




c0117943_06455434.jpg


ディスポ手袋!(食品対応)




ゴムアレルギーもいまのところセーフみたい。
これ付けて蒸れるとヤバそうだけど、冬なら大丈夫っぽい。
指の動きに合わせちゃんと伸びたり戻ったりするし、
iPhoneの画面もスワイプ出来て、レシピ見ながらでもOKが嬉しい。
こんなに薄くてフィットしていても、食器や調理道具がキチンと洗えたかは素手でないと分かりにくい。
念入りに濯ぐようにしてるよ。




配合メモ:
[PR]

by nene_co | 2015-01-07 06:52 | お菓子・デザート | Trackback | Comments(0)

スフレチーズケーキ(贅沢仕様)


母の誕生日が近いのでチーズケーキを焼いてみた。




割れた...orz

c0117943_20215258.jpg


ペーパー巻く方が側面が汚くなるのかも?



ベースは石橋かおりさんの著書本から「ミックスベリーのベイクドチーズケーキ」
以前にも一度焼いていて、贅沢な材料&分量で作るから
美味しいのが分かってるヤツ。




c0117943_20220630.jpg


もちろん 美味しゅうございました♪






メモ
[PR]

by nene_co | 2014-11-03 20:29 | お菓子・デザート | Trackback | Comments(0)

辛抱したけどさ



ホシノ天然酵母の冷蔵発酵で作るスコーン。
どーしても食べたくて、ホシノを買ってきて生種を起した。
まずは埃かぶってるHBのお掃除から始めなくちゃならなかったもんね...orz
冷蔵発酵の時間は1日~4日間とお好みなんだけど
いつも待てなくて1日とかで焼いてたっけ。



c0117943_2339614.jpg

今回は丸二日待てた~




ウチのフープロでは粉120gが適量。
グラニュー糖なら 対粉7.5%、洗双糖なら 対粉15%


過去記事にメモを残してあったにも関わらず粉200gで作っちゃって
分量も配合も間違えてたよ?
フープロが回らなかったから慌てて1/2に分けて、ついでに片方に
ダージリン茶葉を投入。
ったぁく、何のためのメモかね。


でもやっぱり書いておこ。

今のオーブンだと
210℃中段20分 ⇒上段へ移して5分。←ここは付きっきりで。



[PR]

by nene_co | 2014-03-14 23:39 | お菓子・デザート | Trackback