タグ:海外の銘菓 ( 1 ) タグの人気記事

人生は甘くほろ苦い


新人のくせに6月に夏休みをとり、ヨーロッパで豪遊してきたらしい悪友からのお土産。
旅行記はフランス語で書いてあるようなので読めないのだが(笑)
いちおう紹介しておく。コチラ
とっても楽しかった模様。たぶん。






左から


c0117943_14435177.jpg




クレマン・フォジエ(仏)
Crème de marrons de l'ardèche


ヴァローナ社(仏) 
Jivara 40% Cacao Chocolat au lait


リンツ& シュプルングリー社 (瑞)
chocolat noir extra fondant 52% Cacao





チョコホリックを自認するも、60%超えたものは舌がしびれて食べられないという...(・・;)
お子様には40%がちょうどヨカッタ。
リンツの方もそれほど苦くはないが、かすかに酸味があるような?
日本から一歩も出ていないのに、欧州の有名なチョコを同時に食べ比べ出来るって
ホントにすごいことだな。いやぁ美味しかった、ご馳走様♪
勿体ないからちびりちびりと思ってたのにヴァローナはもうなくなった。(笑)

ところで、マロンクリームのチューブのボコり具合たらもう...(爆)
きっと、帰国途中で甘いものが欲しくなって、こっそりちゅぱっとしたに違いないな。
これはもう少し涼しくなったらパンに使おうっと。

タイトルはリンツのサイトに載っていた見出し。
さらに、社歴をまとめたページでは、シュプルングリーに買収されたあたりのところで
「共に...多くの成功を手に入れたと同時に、常に順風満帆ではないことも経験することになります」
日本なら社歴のところにそこまで書かないと思うゾ。
アハハ、海外の企業のサイトって面白いなー




[PR]

by nene_co | 2015-08-16 15:12 | プロのお仕事 | Trackback