@粉的「銘菓リスト」更新


以前紹介した富山県高岡市の銘菓の雛まつりシーズン限定品をなーんと、
恵比寿三越で見つけた!




c0117943_18301317.jpg


大野屋 高岡ラムネ『雛まつり』



モチーフは『宝尽くし』と『貝合わせ』で使っているものと同じだけど、
ラムネがほんのりイチゴ味。
程よいピンクも可愛らしいのだー!
賞味期限は2ヶ月ほど。
なぜかこの商品、大野屋さんのホームページに掲載されていない...
まさか...三越限定品?!





[PR]

by nene_co | 2015-03-01 18:35 | プロのお仕事

@粉的「銘菓リスト」更新

富山は高岡・射水・氷見あたりのお土産をみっつ紹介!



まずはイチオシから。
c0117943_1555790.jpg

大野屋 高岡ラムネ『宝尽くし』




高岡の地で1838年に創業した老舗菓子屋の手仕事。
吉祥文様の木型(おそらく落雁用?)を用いた
しょうが風味のラムネ。
しょうがのパンチはかなりあって、これめっちゃうまい!
パッケージは全4種類で、柚子味、梅味なんかもあり
木それぞれ型も花の型だったり、夏の風物詩だったりする。

写真のマッチ箱のような厚紙の箱に入っていて、
それがこののし袋を小さくしたような和紙に包まれている。
マッチ箱のようなの、大きさは80mm×45mm。
一粒がどんだけ小さいことか!



カワイすぎて食べるのもったいな~いとか
c0117943_15552789.jpg

思う必要なかった。(笑)
あっちゅう間にひとりで10粒食べた。






ふたつめも菓子。



こんな行李を模した箱に入ってるw
c0117943_15555663.jpg

美都家『反魂旦』(はんごんたん)




これは...ウケ狙いで会社用に買って帰ってきたもの。
富山と言えば薬売り。
母に聞いたら、子供の頃に置き薬屋さんが御用聞きに来て
補充すると紙風船などのちょっとしたオマケをくれたんだそう。


c0117943_15564672.jpg

「反魂丹」というお腹の薬のパロディだってw



ココア生地の中は白餡。お味はいいのに食感が...惜しい。
銘菓「ひよこ」の皮をもっと固くして「もそもそ」させたような?!
ちょっと喉に詰まる感じ...皮にココアを使っているから固いんだね。
日持ちも充分、ひとつが小さめで数を買っても箱はコンパクト。
壊れにくくて、見た目のインパクトもあるから、
これはこれで面白いかも。



最後はごはんのお供。


今回の富山訪問で印象的だった雨晴海岸。
50分に一本、場合によっては2時間に1本という超ローカル線に
ゆられて行く。
ひとつ前の記事のTop画がそう。
この海岸を小高い山から一望出来るという旅館があって、
いつかはそこに泊まってみたいと思っている。
で、その旅館の朝食にも使われているという触れ込みで
高岡駅で売られていたこの海苔に思わず飛び付いた!
でも海苔自体は駿河湾産のものを使用(笑)


なーんだ...海苔は富山産じゃないんだorz
c0117943_15575070.jpg

鈴香食品(富山県射水市)『生海苔の佃煮』



甘めの味付けで好みだった!
東京人の割に、アタシは醤油辛いのがあまり好きじゃないもんで。
ご飯に載せるだけでなく、青菜のおひたしや山芋の千切りに
かけてもイケる。


とっても充実の富山(ピンポイントでほぼ高岡w)土産だった。
ごちそうさん。


[PR]

by nene_co | 2014-06-09 16:02 | プロのお仕事