遠くの小さな村から






ヒコーキに乗ってやってきた
気取らない焼き菓子たち

c0117943_10000628.jpg



ビジュアルはほのかに昭和な雰囲気
ぷぷっwドレンチェリーの飾りなんて久々に見たよ^^







「kino sotre (きのストアー)」さん<コンプリセット>の一部
(↓この1枚に写っているのは全体の1/2量以下)


c0117943_10000606.jpg


右手前のレモンケーキから、右回りに
キャロットケーキ、リリコイ ココナッツもち、ハワイアンコーンブレッド
そして右奥のベリーメドレーマフィン






沖縄滞在中のカオッチがチルド便の焼き菓子を手配してくれたようで
カオッチからのカードの他に
お店からのこんな素敵なメッセージが添えられていた
メッセージ部分はオーナーの手書き


c0117943_23080115.jpg




品物を受け取ったありがとうのLINEに添付した画像を
カオッチが上手に加工してくれた
(=^x^=) のところには受取人のワタシの名前が入っている
右側はいわゆるお品書きで、菓子の姿と主な材料
冷凍便で届くので食べ方(解凍の仕方)も書かれている
地元の食材がたくさん使われているようだった






c0117943_23052032.jpg


沖縄県産いちご使用の「ベリーメドレーマフィン」




焼き菓子を冷凍→解凍で?!
味や食感が変わってしまうんでは?!
恐る恐るしたけどどうもなかったな
水分が少ないから解凍しても劣化がないのかもしれん




マフィンの生地はフワフワ、ほろほろでとっても美味しかった!
重た過ぎないからフルサイズマフィンでもペロリと食べられる

そうそう、アップルマフィンもめっちゃ美味しかった
割ったらシナモンがよく効いた煮リンゴがゴロゴロ入っていた
大好物のNZ産のJAZZっていうリンゴが使われているそうな
日本では夏に出回る品種
小さくて酸味があって果肉がしっかりしている
冷凍リンゴしか手に入らない夏には貴重な
美味しいリンゴ

ベリーもそうだけど、水分の多い具材がたくさん入るマフィンを
フワほろに焼き上げるってすごいなぁ







c0117943_23051972.jpg



左から、ストアージャーマンケーキ、
ハミングバードケーキ、チーズケーキブラウニー






よくあるけれどケーキやクッキーの上にまぶしたココナッツ繊維
実はちょっと苦手
ザラザラ&きしきしとした舌触りで気になるんだもん
ココナッツの味は好きなので、2枚目の写真の左手前のものとか
ココナッツが混ぜ込んであるのは
とっても美味しくいたただいた



チーズケーキブラウニーは濃厚どっしり目
これも美味しかった
チーズクリーム味とチョコレート味
たまに見かける強いフレーバー通しの組み合わせ
うまくまとめるには配分が難しいんだろうな



ショップブログとオーナーのツイートを斜め読みしていたら
オーボンビュータンの焼き菓子のツイートがあった
オーナーもお好きなのかな?
フランス菓子のオーボンと きのストアー
全然違うようでもあり共通した雰囲気もあるような?
河田勝彦氏の菓子本はマイバイブル
どうりでこの素朴で愛らしいビジュアルにグッときたはずだw



気取らないけど丁寧に作られた焼き菓子たち
店頭でも食べてみたいなぁ
カオッチの訪問記に載ってたお店のディスプレイも素敵だった
営業日が特殊だし、イートイン情報が少なくて
フラッと寄れるタイプのお店ではなさそう
何より足がないと行かれない
いや、そもそもヒコーキが怖いと行かれないのだが(笑)
でもいつか行ってみたい



ありがとう
ごちそうさま





[PR]

by nene_co | 2016-07-30 10:08 | プロのお仕事

お気に入りのプリン



年3回ある山手西洋館のイベントは、いつも同じ館からスタートして
同じ道順で歩き、同じお店でお昼を食べている。

山手の「喫茶エレーナ」さん。
軽食は美味しいし、ケーキもとっても美味しそうだから
パスタも食べてみたいと思いながら
いつも叶わない。





それは魅惑のカボチャのプリンのせい。




c0117943_21331011.jpg




これを食べたいがばっかりに、食事自体はキッシュで軽めに。



c0117943_21332601.jpg




えぇんか?卵×卵で。




1年前の洋館クリスマスイベントの時の写真なんだが
あまりにもおざなりな撮り方なのでアップしていなかったもの。
今年のクリスマスイベントの時も、そっくり同じメニューを注文した。(笑)
いつもながら美味しかった。コーヒーも好み♡


世界の終わりに何か好きなものをひとつ食べてよいとなったら、ワタシはプリンを。
地元のチェーン店のパン屋さんのプリンが一番のお気に入り。
ショックなことに、最近、チルド棚から姿を消した...
材料名の欄には余計なものが書かれておらず、ひとつが小ぶり。
スプーンが立つほど堅焼きで、カラメルはサラサラしているのにしっかり苦い。
プリンて消費期限が短いから、手間の割に見合わないのだろうね?
お気に入りがどんどんなくなっていくなー





[PR]

by nene_co | 2015-12-27 21:39 | プロのお仕事

丸の内スイーツ



あぁやっぱり名店のおデザは
正しく美味しいのだ。

c0117943_22105863.jpg



『珈琲あんみつ』
珈琲黒蜜をかけていただきまッす
珈琲ゼリー×あずき×黒糖のハーモニー♪ (笑)



叶 匠壽庵 新丸の内店にて。




[PR]

by nene_co | 2014-07-27 22:16 | プロのお仕事

@粉的「銘菓リスト」更新



広島市のお菓子屋さんの焼き菓子を、地元の百貨店催事で入手。
これ、めっちゃ美味しい。リストのかなり上位へ!!



「焼きモンブラン(プレーン)」
c0117943_9422850.jpg

『patisserie ALPHA 』(パティスリーアルファ) @広島




歯科治療中のヒト、歯肉炎の人は要注意。
パリっバリっとする皮で口の中を切らないように。

薄い(でも固い)パイ皮の中にフィナンシェ様の生地、真ん中に栗まるごと一個。
大きさは一般的なマフィンよりふたまわりぐらい小さい。
生地からはバターの風味。


手割りする時にバリバリって音がした
c0117943_9425137.jpg

こっそりとは食べられない点に注意!w



通販してるかなぁと検索してみたら「焼きモンブラン」だけでヒットした!
製造工程が少し紹介されてるから、興味あったら検索してみてな。
賞味期限は販売日(発送日)から6日間、まぁそんなもんか。
割と壊れにくく、真夏以外なら常温持ち運びOKと思われる。
お値段なりに見栄えがするよ。
自家用2個入りとかギフト用にも6個や10個の箱入りがある。
広島駅からそう遠くないので、こっち方面に出張がある友人がいたら
頼みたいぐらいだ。>いないorz
通販もやってるけど、発送は週2回。配達日を指定すると、
賞味期限の残日数が少なくなる場合があるそうで注意が必要。
クール便扱いで、購入価格による送料の割引制度はないらしい。


参考までに
c0117943_9431733.jpg

お皿の外形は235mm×110mm



「銘菓リスト」って言ったって、写真を撮って記事にしたものは
まだまだ少ないんだなぁ。
誰もが知っているような北海道・東北・京都の銘菓は
大好きなものであっても記事にしていないから。
東京のデパートでの物産展ではあまり見かけない、
美味しくて美しくて、手に入れやすく(アクセス至便orネット通販アリ)
持ち運びがメンドーでない、それがnene_co的選考基準。

左側のブログメニューのカテゴリ欄、「プロのお仕事」というのが
買ったりお土産にいただいた菓子やパンのカテゴリ。
「お菓子・デザート」カテゴリはアタシが作ったもの故、銘菓に非ず。(笑)

そろそろ自分も覚えていられなくなってきそうなので
手土産や百貨店物産展参戦の参考になればと思い、メニュー欄に
検索窓を表示してみたよ。
銘菓リスト、と検索するか、タグ欄の「○○地方の銘菓」タグからどうぞ。


[PR]

by nene_co | 2014-03-01 09:54 | プロのお仕事

@粉的「銘菓リスト」更新

2012年終わっちゃうから少々慌ててアップ。w
初秋に京都で買ってきた瑠璃光院の菓子がウマかった。
抹茶菓子付き拝観券があるのだけど、抹茶が飲めんもんね。
なので、お土産に買って帰ってきた。


c0117943_1592588.jpg
『八瀬氷室』



丹波寒天をシャリッっと固めた表面(洋菓子でいうとこの“グラス”のような)と、
ふっくら炊いた大納言が絶妙なバランス。
原材料欄にはたったの4品目。

こちらの菓子、京都伏見の京菓子工房 都さんの製造で、
元は「花かずら」(大納言/手亡豆)という菓子。
瑠璃光院限定の化粧箱入り。


オサレパッケージなのだ
c0117943_1595052.jpg

@¥500/1本

[PR]

by nene_co | 2012-12-30 15:13 | プロのお仕事

@粉的「銘菓リスト」更新のお知らせ



”お知らせ”っていったい誰にお知らせしてるんだ?W


c0117943_22494526.jpg

松本・山屋御飴所 『板あめ』
c0117943_22502784.jpg

板一枚は3cm×6cmほど



激旨!パリぽりっとしてて、ピーナツの風味が香ばしい。
個包装だから職場でバラ配布にも便利だし、価格もリーズナブル。
化粧箱入りや、「コワレ」がガサっとチャック袋に入っていて
自宅用に良さそうなのもある。オススメ♪
駅で一部の商品は買えるけれど、
我々は駅から徒歩15分弱にある本店まで行って買ったのだ。
お店の構えも昭和レトロでとってもステキだった!


─────∽◆∽─────

そしてもうひとつ。
妹が帰り間際まで探していたお菓子。
どこの店のものか判らないでいたらしいのだが、老舗有名菓子店の品だった^^


c0117943_22505313.jpg

松本・開運堂 『白鳥の湖』


スペインの菓子、ポルポローネ風。
お口の中の水分、全部持っていかれるヤツ!w

見た目からはちょっと想像し難いけど、シナモンがものすごく効いてて、
旨い~♪ シナモンが苦手な人はダメかもなぁ。


個包装も可愛いヨ♪
c0117943_22513576.jpg
ほらッ!




おまけ
[PR]

by nene_co | 2012-05-16 23:01 | プロのお仕事

@粉的「銘菓リスト」更新のお知らせ


だいぶ前に母が百貨店の物産展で買ってきた
c0117943_1156596.jpg
京都・西谷堂(にしたにどう)の『ぐーどすえ金つば 栗』



シャシンが失敗していて、何とも残念な限りだが...
素朴でじんわりと旨い。見た目のインパクトの割に単価が安い。
個々の大きさも大小あり、簡易包装版がある。=素晴らしいネ!
日持ちは夏季以外常温で一週間とも11日間とも。 <どっち?(笑)
いま、お店のHPの通販ページは壊れているみたいで、正しい情報が分からない。
画像検索したら、ワタシが食べたものはずいぶん見た目が違うんだ。
ひとつひとつ手作りなのかもなぁ。
ワタシが食べたのはおそらく「大」の方と思われ。

京都の菓子土産は@粉的には定番3点セット(いずれも平安殿のもの)と
決まっているのだけど、この金つばも加えよう。

メモ:
  上京区今出川通小川東入下る南兼康町344(本店)
  中京区新京極通三条下る石橋町16(新京極店=三条名店街の中?)



─────∽◆∽─────


番外:海外編

友人から台湾土産をもらった♪
というか、買ってこいきてほしいな♪とお願いした。

「鳳梨酥」通称:パイナップルケーキ
c0117943_126631.jpg
これはROSA(ロサ)のもの。



名前違いでいろんなお店が台湾土産として売っている、メジャーな菓子。
「李製餅家」という店の、ちょー大雑把な個包装は割と有名かも。
紙がはずれてたり、油が滲み出ていたりするんだよ。<個包装の意味ナシ(笑)
でもそんなのもまた面白いんだよね。

ROSAのはキチンとしたプラ包装で、割と硬めのパイナップルジャムがたっぷり挟まってる。
周りはしっとりさせたショートブレッド、のような感じ。
ショートニングかラードを大量使いしてるっぽいような(私見)ホロホロ具合が、たまらん。
めちゃ旨い~
なんでもこぼす英爺にはちと食べづらい(笑)


そしてもひとつ。これも台湾土産。
友人オススメの品。

『南瓜子酥片』
c0117943_1262698.jpg
カボチャの種、ピーナツ、胡麻の糖衣。


画像検索してたら、中国語の通販のページに。(汗)
シャシンがすごくイケてたなぁ。
見た目の色の印象よりサクサク。ウチの年寄りたちも美味しいって。


対抗して「記憶色」にチューン。<色を鮮やかに。
c0117943_1264438.jpg
色の問題じゃないらしい...やっぱり負けた気がするorz




ヒマワリやカボチャの種を見ると...
[PR]

by nene_co | 2011-11-27 12:29 | プロのお仕事

@粉的「銘菓リスト」更新のお知らせ

全国の銘菓、好きなモノはたくさんあるんだけど、最近、初ものラッシュだった。
その中でリピ予定の2つをご紹介。


あきらっちからのいただきもの
c0117943_10454865.jpg
千葉 落花生処 こば屋本店 の 『轟太鼓』



ピーナツとあられせんべいが飴がけされていて、
そこに胡麻や唐辛子フレーバー。
かなり厚くて堅くて1枚が大きくて、食べ応えあり。
ブロッコリーや麺類の茹で加減にはすぐに「硬い」と文句をいうウチの年寄りが、
こうやってひと口大に砕き、ムシャムシャ。美味しかったって。(笑)

千葉の旭市。
あまり報道されないけど、先の震災でかなりの被害があったはず。
ネットで食べ物を買うのはあまり好かないアタシだけど、注文してみようっと。
冬季は、チョコレートコーティングのものも発売されるらしいヨ。



+†+



小僧さんから「コレ、美味しいデス」と
c0117943_1046965.jpg

情報だけいただいたから



熊本の曾お祖父さんちへ帰省した姪一家に、博多で探してみて!と頼んだの。
違いの分かる小僧さんイチオシなだけあって、さすがの旨さ!
エダムチーズと無花果を練り込んだ柔らかいガレットの中に、
ホワイトチョコクリームが入ってる。
無花果のプチプチ感と、ガレット(ボンヌのガレット様ではなく、しっとりしたもの)の
塩味が、クリームとベストマッチ。


博多創菓子 赤い風船 の 『はかたんもん』
c0117943_10464727.jpg
なんと、大好きな「九十九島せんぺい」の会社と同グループ。
やるなー 佐世保!



これね...ひとつが...(おまけして)直径4.5cm厚み1cmね。
外包装紙、厚みはないけど大きな化粧箱、しっかりしたビニールの個包装。
順に剥いていくと、中から500円玉をひと回り大きくした
「ひと口の菓子」、が出てくるよ。 

コワレないようにの配慮かな...だとしたら、ずい分と「丁寧な」包装ネ。
バターケーキとソフトクッキーの間ぐらいの柔らかさだから、コワレないと思うよ。
@粉的お土産物としては、嵩張るのはちょっとだけマイナス (´ω`;) 
見方変えれば、会社でひとつずつ配っても見栄えがする、とも言うね。
化粧箱を使わない「ご自宅用」簡易包装バージョンの設定があって、選べるといいな。


[PR]

by nene_co | 2011-09-03 10:54 | プロのお仕事