溶けちゃうと困るから!


タイトルは今日紹介するアイスクリームメーカーのキャッチコピーの後半部分。
8月のアタマまでは溶けそうなぐらい暑かったし、実際、靴も溶けた事件があったりネ(炎∇炎)
なのに、盆を過ぎたら急激に涼しくなって、感覚的にはここ3週間ずっと雨。
そんな時期になんてタイムリーな記事なんだ!(笑)



愛とアイスで
地球を救え
溶けちゃうと、困るから!


乳牛が溶けかかっている氷塊に乗って海を漂っている図に
上記のキャッチコピーが添えられている
なかなか深い意味がありそうで。
ひとつ前の記事にも書いたけど、海外メーカーのサイトって不思議面白いー!







BEN&JERRY'S ミニカップ
「チェリーガルシア」

c0117943_22455327.jpg


牛さんの絵に仕込んである小ネタにご注目!





最近は欧州かぶれに転向したらしい悪友のイチオシの米国産アイスだそう。
近くのスーパーに家庭用のミニカップが売られているのを発見したので捕獲。
アタシはもともとラクトアイス派なので、米国の有名なあのアイスも滅多に食べない。

スクープショップで売ってる方の「チェリーガルシア」はもっとキレイなピンクなのに
これはちょっと地味な色だなぁ。でも確かに美味しい!
着色料は食材由来のもので、チェリー以外にもブルーベリーやラディッシュ、
ハイビスカスなんて書いてあるよ、へぇ。
チェリーの果汁って実はあまりキレイな色じゃないから、苦労したんじゃないかな。
ワタシなら、アイスクリームに人工着色料が使ってあっても気にしないけどなぁ。
毎日摂るものじゃないし、1ガロン抱えて食べるわけじゃないからね。

ちなみにBEN&JERRY'Sはユニリーバの完全子会社なんだって。
ネスレとガルデルマとか、旧テトラ社とファイザーとか、最近知ったんだ。
日本では異業種に出資するってあんまり聞かないような気がするんだけど、
そんなことない?







BEN&JERRY'S ミニカップ
「コーヒーブラスト」

c0117943_22455314.jpg


これ、激ウマ♪





アイスクリームスプーンは富山県高岡市が誇るアルチザン&デザイナー集団「タカタレムノス」製。
「15%アイスクリームスプーン」の、これは廉価版のミニスプーン、No.06ネ。
デザイン賞を受賞している他の型番のものは、これより一回り大きく重いので
日本で売られている小さなアイスクリームカップに使うとカップが倒れそう。
直喰い(笑)用にはこれくらいがちょうどいい按配ネ。
アルミニウムで出来ていて、手の熱を伝えながらカチコチのアイスを溶かして食べるのによいらしい。
日本の夏は暑過ぎて、手の熱を伝えるまでもなく冷凍庫から出した途端に溶けた。(笑)
このスプーン、冬はアイスクリームの冷たさが逆流してくるのかな??





[PR]

by nene_co | 2015-09-09 22:50 | プロのお仕事 | Trackback | Comments(8)