冷やしせんべい



最近ハマってるんだ、これ。
c0117943_13452437.jpg


日本橋錦豊琳(にほんばしにしきほうりん)
『味しみおかき オリーブオイル』



一世を風靡した?東京のかりんとうメーカーによるせんべい。
メーカーさんサイトによる商品説明はこう。

わざと削り、おかきの中まで秘伝の甘だれをしみこませたおかきに
風味豊かなエキストラバージンオリーブオイルをかけました。
さっぱりとした味わいです。


地元のスーパーの米菓コーナーで見つけたもの。
この商品だけ群を抜いて高く、一袋千円。
きっと旨いんだろうなぁと買ってみたら、有名店のものだった。(笑)
チャック付き透明袋にガサッと入っていて、量的にはこの写真の量の
2倍ぐらい。


開封したてはオリーブオイルのフルーティな香りがする。
よくある「ぬれせんべい」ほどはねちゃねちゃしてなくて、
かなりの堅焼き。
袋に「冷やしてもおいしい」ってシールが貼ってあったから
試してみたらこれがイケるのだ、暑い時もさっぱりといただける。
ネズミが齧るようにちびりちびり冷蔵庫から出して食べている。
だって高いんだもーん。
東京の夏、フツーに保管したらたぶん、脂がべっとり出てしまうかも。


地元のちっちゃいスーパーで扱っている不思議...
今後、扱い中止になってしまったら、東京駅グランスタの錦豊琳では
買えないのがヒジョーに残念。

日本橋錦豊琳は東京地区にしか店舗がなくて、東京土産にうってつけなのも納得。
流行った頃は買うのに小一時間待ちだったっけ。
細くて柔らかくクセのないかりんとうだったような記憶あり。
全国の伊勢丹でも催事出店してるみたいだから、
もし見つけたらこのおせんべいもチェックしてみてな。



[PR]

by nene_co | 2014-06-28 13:46 | プロのお仕事

@粉的「銘菓リスト」更新

富山は高岡・射水・氷見あたりのお土産をみっつ紹介!



まずはイチオシから。
c0117943_1555790.jpg

大野屋 高岡ラムネ『宝尽くし』




高岡の地で1838年に創業した老舗菓子屋の手仕事。
吉祥文様の木型(おそらく落雁用?)を用いた
しょうが風味のラムネ。
しょうがのパンチはかなりあって、これめっちゃうまい!
パッケージは全4種類で、柚子味、梅味なんかもあり
木それぞれ型も花の型だったり、夏の風物詩だったりする。

写真のマッチ箱のような厚紙の箱に入っていて、
それがこののし袋を小さくしたような和紙に包まれている。
マッチ箱のようなの、大きさは80mm×45mm。
一粒がどんだけ小さいことか!



カワイすぎて食べるのもったいな~いとか
c0117943_15552789.jpg

思う必要なかった。(笑)
あっちゅう間にひとりで10粒食べた。






ふたつめも菓子。



こんな行李を模した箱に入ってるw
c0117943_15555663.jpg

美都家『反魂旦』(はんごんたん)




これは...ウケ狙いで会社用に買って帰ってきたもの。
富山と言えば薬売り。
母に聞いたら、子供の頃に置き薬屋さんが御用聞きに来て
補充すると紙風船などのちょっとしたオマケをくれたんだそう。


c0117943_15564672.jpg

「反魂丹」というお腹の薬のパロディだってw



ココア生地の中は白餡。お味はいいのに食感が...惜しい。
銘菓「ひよこ」の皮をもっと固くして「もそもそ」させたような?!
ちょっと喉に詰まる感じ...皮にココアを使っているから固いんだね。
日持ちも充分、ひとつが小さめで数を買っても箱はコンパクト。
壊れにくくて、見た目のインパクトもあるから、
これはこれで面白いかも。



最後はごはんのお供。


今回の富山訪問で印象的だった雨晴海岸。
50分に一本、場合によっては2時間に1本という超ローカル線に
ゆられて行く。
ひとつ前の記事のTop画がそう。
この海岸を小高い山から一望出来るという旅館があって、
いつかはそこに泊まってみたいと思っている。
で、その旅館の朝食にも使われているという触れ込みで
高岡駅で売られていたこの海苔に思わず飛び付いた!
でも海苔自体は駿河湾産のものを使用(笑)


なーんだ...海苔は富山産じゃないんだorz
c0117943_15575070.jpg

鈴香食品(富山県射水市)『生海苔の佃煮』



甘めの味付けで好みだった!
東京人の割に、アタシは醤油辛いのがあまり好きじゃないもんで。
ご飯に載せるだけでなく、青菜のおひたしや山芋の千切りに
かけてもイケる。


とっても充実の富山(ピンポイントでほぼ高岡w)土産だった。
ごちそうさん。


[PR]

by nene_co | 2014-06-09 16:02 | プロのお仕事

充実の?ティタイム

日本一?世界一?
素敵なロケーションにあるという触れ込みのスタバ。
ガイドブックにあった写真がキレイだったから行ってみたら
午後遅くだったせいもあって、空色が残念な感じ。


富岩運河環水公園
c0117943_2043214.jpg

この1枚だけ iぽんでの撮影
異常なパンフォーカスがキモチ悪いorz



富山駅から徒歩10分強。
水、芝生、木陰とカフェが揃っていて、夜はイルミも楽しめる。
帰りの列車までビミョーに時間がある、なんて時にもいいかも。



想像とちょっと違ったかも?な
c0117943_20435334.jpg

天門橋(=運河にかかるの橋)のライトアップ



ここで飲んだコーヒーを最後に、最終日までコーヒー難民となった。
高岡の食事処の早終いっぷりにも困ったけど、
駅ビル内や駅から視界に入る範囲でコーヒーを飲めるお店が
ないのにも困った!
車社会だからか、駅前で一服というニーズがないんだろうか。

来年開業する北陸新幹線で、富山が劇的に近くなるねぇ。!
個人的には富山市内よりも高岡市・射水市が楽しかったので
ローカル線や路面電車を使って観光する人にとって
もう少し便利で充実した「役割」みたいなのがある駅だと助かるんだけど。

高岡・射水・氷見はぜひもう一度行きたいなぁ。
次回が実現すれば、その時はメジャーどころの白川郷にも行こう。




もう一か所、お茶処。
全国でも珍しい神社内にある喫茶店という触れ込みだったので
訪ねてみた。


射水神社内『いみず茶寮』
c0117943_20441346.jpg


とっ散らかったまま撮っちゃったよ^^;
c0117943_20443471.jpg

このらくがんはかなり美味しかった!



こちらもワタシの勝手な想像とは違って、広くて立派だった。
神社の立派な式殿(結婚式場)の喫茶室な感じ。
看板スイーツは欠品していてガッカリだったなぁ
城址公園と神社を回ったら結構広いから、
ちょこっと座ってコーヒー飲めるのは助かるな。
日曜日で披露宴の最中、音楽とか余興の騒ぎが聞こえてくる。
おめでとうございますψ(`∇´)ψ




そして富山と言えばラーメン...


ブラックラーメンのかわりにこれ!
c0117943_20463293.jpg

野村屋の「富山ブラックどらやき」



これはツボ!
見ての通りお土産屋さんでひとつ買って、帰りのはくたか号車内で食す。
生地もほんのり醤油味。つぶ餡も正しく甘く、
塩気と、ほんのり醤油味も感じた。


c0117943_20471526.jpg

ちょろっとのバターもいい仕事をしてる!


ものすごーく甘いわけじゃないけど、ひとつがでっかいんだ。
甘いもの苦手な人は悶絶必至と思われ。


[PR]

by nene_co | 2014-06-05 20:50 | 特別

高岡で夕飯難民の巻



ゴールデンウィークのこと。
富山県高岡市に所用があって2泊した、その胃袋の記録を。




前はう~みぃ
c0117943_20403159.jpg






c0117943_20404335.jpg

後ろはた~てやま~








高岡市は富山駅から北陸本線の普通列車で20分の街。
ただし、普通列車は平均して40分に1本の間隔。
その合間に特急が2本ぐらい通る。
特急料金がかかるから、富山市内はササッと見るだけにして
遅くならないウチに高岡に戻り、ホテルの近くで食事をしようと思ったのが
間違いのもと。


富山湾鮨なるものを食してみたい!と、行く前から胃袋はすっかり鮨!
なのに、ガイドブックに載っていた鮨屋に電話したら出ない、
店の前まで行ってみたら午後7時40分で「本日閉店」と札が。
うそやろ?!
高岡駅にはまだオープンしたばかりの小奇麗な駅ビルがあるのだけど
飲食店の閉店時間は20時半。
ラストオーダーは20時。
ありえないっ!
しかも、土地のものを食べさせてくれる鮨屋はなく
ファストフード的なうどん屋と、地元の若者で賑わうチェーンの
焼き鳥屋があるのみ。
まぢかッ?




ぐるめサイトで検索して、駅から5分ほど歩いた裏路地の
繁華街(ちょっぴりいかがわしいw)の鮨屋へ飛び込んでみる。


...江戸前鮨って。(笑)


8~9人座ったらいっぱいになるカウンターのみの小さなお店。
板さん3名がフル回転でにぎり、客層は地元の飲み屋街の関係者ぽい方々や、
ヤ○キーのカップル、おひとり様の老人など。
なるほど明け方まで営業してるわけだ。
皆さん 高いネタばかりをつまみでつくってもらい、ビールがんがん。
こわいよぅ...

シレっと一人前握ってもらって、小さめのグラスで生ビールをもらった。
並、上、特上とあって、ワタシはあえて上で。
実はウニとかウチの食卓にのぼらない貝が苦手なんだもん。
でもこのお店にして当たりだった☆


富山湾鮨は富山で獲れた魚介だけを使ったものとか、数や値段幅に
取り決めがあるらしい。
ここのお店のはたぶん、それからははずれるのだろう。
でもちゃんと白エビの軍艦も入っていた。
食べ慣れた江戸前鮨の酢飯に新鮮なネタ。
上にぎりで¥2200、充分じゃないかー 

寿し富さん ごちそうさま。
キツいとこ無理に入れてくれてありがと。



怖くて、写真撮っていいですか?って聞けなかったから...
イメージ図でどぞ~


富山駅構内にあった日本海の荒波バックの
c0117943_20475171.jpg

富山湾鮨(イメージ)





高岡構内にあったやや廉価バージョン?の
c0117943_2048841.jpg

富山湾鮨(イメージ)


c0117943_20482819.jpg

これが白エビの軍艦巻き!




富山の胃袋の話、もう1回つづく。


[PR]

by nene_co | 2014-06-01 20:53 | 特別