カテゴリ:プロのお仕事( 56 )

うなぎが高いので


日本橋へ


c0117943_901939.jpg

アートアクアリウムを見に行った後に





あなごめしを食べに
c0117943_911136.jpg

足をのばした
c0117943_913875.jpg

日本橋 玉ゐ (室町店)







キンギョとあなご。(笑) 魚を撮ったら魚を食べる。(爆)

古い日本家屋を使っているので、えらい老舗で敷居が高いのかと...
違った!
一番小さなあなごの箱めしなら、ファミレスで食べるうな重よりお安いかも。
夜、飲みで利用すると、ちと高め。場所柄だろうね。
それと、お店の母体は多角経営の企業形態で、老舗でもなんでもない...
っぽい。(笑)
あなごがどこの産地のものか不明確なので、輸入だろうか?
羽田沖で獲れたものなら、そう謳うよね...


一番小さいサイズの箱めしをオーダーし、+200円で出汁をつけてもらう。
ひつまぶしのラストのようにお茶漬けさらさらっといただくのだー
煮あなご、焼きあなごとあり、重箱の大きさも3種類。
支店によって選べるタイプが違ってくるので、要事前確認。
予約の可否も支店によって違う。
中箱で、フツーのうな重とほぼ同じ大きさ。
江戸前のあなごは握り寿司にする場合も、ふっくらと煮てあって
焼かないで食すのがフツーだと思うのだけど、
今回初めて蒲焼きにしたのを食べてみて、ワタシはそっちが好き、
と思った。
うなぎよりも脂っぽくないし、柚子皮のおろしたの、これがまた合うんだ!
うなぎ+山椒よりも格段に上品なお味。



出汁をじゃーっとする前
c0117943_92108.jpg

お茶漬けの時にはわさびが合うよ!





店内暗くてボケボケ写真ばっかりorz
c0117943_923140.jpg

店頭に置いてあるのはあなごの太巻き寿司と思われ
ご馳走さま





実はキンギョもあなごめしも2度行った。
一度目は姪を連れて、本店に。
混雑を嫌って午前11時の開店20分前に到着!一番乗りだった(笑)。
お盆中だったからたまたま、かも。
店頭にお茶のサーバーが用意してあったし、食べ終えてお店を出たら
行列が出来ていた(@_@;)
案内される順番が近づくとオーダーを取って、着席してからは
あまり待たずに済むようだ。
かわりに、開店直後の一巡目は、サーブされるまでそこそこ時間がかかる。
いずれにしろ、食べ終えたらとっとと下げられるし、満席の店内から
容易に行列の存在が想像出来るから、やっぱりゆっくりはできない。



こちらは姪と行った
c0117943_93259.jpg

日本橋 玉ゐ (本店)



2度目に母と行った室町店は本店ほど小洒落てはいないが
テーブル予約が可能。
立って待たせたり出来ない年寄りと一緒の時には助かった。
あなご好きな母も満足していた模様。

あなご酒は飲んでない。
隣の席で女子会していた子たちが頼んでたっけ。
ふぐのひれ酒のように、マッチの火を寄せるとボッと青い焔が出て、
つーんと強い香りがただよった。
懐かしいなぁ、ひれ酒。
若い頃はそんなン飲んでたなぁ。人のおごりで。(笑)



[PR]

by nene_co | 2013-09-01 09:08 | プロのお仕事 | Trackback | Comments(5)

福生食 #2



東京郊外へ蓮の花を撮りに行った帰り、
隣駅の福生(ふっさと読む)で降り、福生のアメリカ食を堪能した。
福、ナマ食ではないよ。



c0117943_1904451.jpg








デモデヘブン 福生店






c0117943_190567.jpg








ふた棟続きのような店舗






福生ゆかりのバーガーを食べようと思ったけど、
「クレイジーな旨さ」のハッシュドビーフのような...という
ウリ文句に惹かれ


c0117943_19233833.jpg

『ヘブンズライス』




ドミグラスソースちっくではなく
かすかにチリ味?シャキッとした辛みが後味にあって
すごーく気に入った!!

で、写友さんのうちおひと方のオーダーしたバーガーは
エラくボリューミー♪
これ、お皿の上にオープン状態でサーブされる。


『メキシカンチリバーガー』の
c0117943_1924553.jpg

積み上げ終えたところ。



この後、各テーブルに置いてあるバーガー袋にセットしてかぶりつくのだ。
バンズは兄弟店と同じように軽くトーストしてあったみたい。
焼き目がついてる。

バーガー、旨かったそうな。
ドリンクのサイズもデカいのだ。ワタシは自家製ジンジャエール。
すごーくパンチあった。(笑)
写友さんもうひと方がオーダーしていたピンク色で
アイスののったドリンクがすごーく魅惑的だった!
写真を撮らせてもらえばよかったなぁ。次、あれを頼もうっと。



店内の様子、もう少し大きい写真は別ブログで。

兄弟店の様子は過去記事のココで。




続きは福生のこと。
[PR]

by nene_co | 2013-08-18 19:36 | プロのお仕事 | Trackback

パリの貴公子のパン




新宿サザンテラスにカッコいいパン屋が出来てた
c0117943_2343227.jpg
『ゴントラン シェリエ 東京』



Top画の丸テーブルの下に置いてある雑誌?の表紙が
仕掛け人のその貴公子なのかな。
夜撮りでブレブレだけど、シルバーのシャンデリア様のものは
スケッパーやトングなど、パン焼きの道具で出来ている。


うーむ...
c0117943_23461665.jpg
パンも貴公子もワタシの好みでなかった...orz


ハードパンは粉が白いのが見つからなくて購入せず。
みっつの中ではスコーンが一番好きだった。
マフィンは...苦かった...食感も重かった...

「ブルーベリーとチーズ」と書いてあるマフィンを見たら
「すっぱ甘い」を想像するじゃん?

マフィンは...苦かった...食感も重かった...  < 繰り返して強調w
全く甘くない生地に、慣れ親しんだクリチとは違う味のするチーズ。
これって、食事マフィンなのかな...ボソっ
ワタシの舌がおかしいのかも。


ひとつひとつが小さくて価格が抑えられてるのはいいな。
恵比寿の○ブションのパンはみっつ買ったら千円近いもんね。


クロワッサンのハニカム構造...スゲッ
c0117943_2348121.jpg

食べるとこないぢゃな~い?? <母と同じこと言いそうになったw


つまりはフツーのパンが好きw
[PR]

by nene_co | 2013-07-19 23:50 | プロのお仕事 | Trackback

手土産上手になりたい

今日はヨロシク♪ とか、そんなシーンで手渡す小さな贈り物。
コレ、いつも頭がイタい。

相手の嗜好やアレルギー、持ち運び、日持ちなんかを考えると
どれもこれも一長一短ってな感じ。
相手のことをよく知らない場合は、最初のふたつについては無視でいいけど。



c0117943_23282319.jpg
Gallery I さんからの戴きモノ



手ぬぐいは、鯉が滝を登って龍になる「登龍門」の故事がモチーフの
祇園祭の山鉾「鯉山」保存会のもの。
滝を見たら諦めてUターンするワタシには勿体ないよな縁起物。
永楽屋さんの寒天菓子、パッケージからしてステキ♪



表面シャリシャリ、中ぷるん
めっちゃ好みー ^m^
c0117943_23282259.jpg
永楽屋 『琥珀 柚子』



遠方の人、特に京阪神にお住まいで甘いものを
召し上がらないorそれほど好きではない方への手土産って、
何を持っていこうか悩ましい。普段から上等な菓子が身近にありそうじゃん?
今回は3泊4日で4組の人に会う予定だったので、
麻布十番『豆源』のミニ詰め合わせを4箱持ち込んだ。
重かったり、軽くても大きかったりするパッケージはNG。
常温で直射日光以外は気にしなくてよいもので、最終日にお渡しする分もあるから
衝撃にも強いもの。
ちょっとでも東京なり多摩なりにゆかりのある品物。
京阪神で買えないもの。
となると、ホントに少ない。
豆源も関東にしか出店していないけれど、通販では買えるしナ。

ところで。
大阪の土産菓子、最近頑張ってるなーって思う。
関西圏の菓子と言えば、京都、滋賀、神戸。
東京の百貨店で見かけるメジャーな和菓子洋菓子は、この3都市のものが
圧倒的に多い...と感じる。

このところ、2年ほど前から勤め先の所属部署で爆発的人気の
「五感」の黒豆マドレーヌ『ええもん ちい』。
大阪事務所に出張した人が必ず買ってきてくれる。

今回、美山のクッキーと共にお土産にした
「堂島スイーツ」の『レモンケーキ』もワタシ的にはヒットだった。
写真がなくて残念。
キューっと酸っぱくて、かなり甘い。そして、単価は割とお高めorz
この2点は百貨店取り扱いでも見劣りしないと思う。




[PR]

by nene_co | 2013-07-03 23:33 | プロのお仕事 | Trackback

ありふれてはいません



どこかで見たよな記事タイトル?気のせいでしょw



c0117943_226154.jpg
3階だって!



c0117943_2264026.jpg

ありふれている事、という名前だけど


c0117943_22153623.jpg

ありふれてなんかいません



京阪行き最終日のご飯日記。
烏丸御池駅から遠くない便の良い場所にあって、
営業時間中はいつ何ドキでも一汁三菜定食がいただける「日常茶飯+」さん。
厳選した美味しいお酒や甘いモンもアリ。
そういうコンセプトのお店って、ありそうでないよ?

自家精米の南丹市産のお米(前々日に美山町に行った!)と、
伏見のお酒(前日に伏見にも行った!)。
偶然だけど、今回の京阪行きの〆に相応しい食事だった ヾ(o´▽`)ノ


ちなみにこの時のご飯は予めかなり減らしてもらっている。
飯椀通常盛りの6掛けぐらい。

なぜなら。

うひゃひゃ 美味しいの途中デス
c0117943_221658.jpg

食べかけ失礼 <(_ _)>



スコーンに近い感じの食感と、美しい立て具合&甘さ控え目のクリーム。
チェリーのシロップ煮?ワイン煮?の程よい酸味とキレイな色がアクセント。
上で紹介した定食をいただいた後に、ぺろりと平らげたー (笑)

えーっと、このデザートメニューの名前は何と言ったっけか?
ショートケーキ、ショートブレッド?
オーダーを受けてから焼き上げてくれるそう。
日本のイチゴショートケーキ(丸デコ含む)みたいな
ふわふわスポンジ+きっちりナッペのケーキは、日本固有のものらしいね。
美味しかったなー


そういえば、ココの過去記事にこんな失敗作も載っけたっけ!(゚∀゚)
(当時いただいたコメントは非表示にしてます<(_ _)>)
フワフワではない焼き菓子にホイップって合うんだよねー



大粗相の顛末
[PR]

by nene_co | 2013-06-29 22:32 | プロのお仕事 | Trackback

カフェめし食べた



c0117943_2223380.jpg
天然スパイスカレーセットの『グリーンカレー』



シャシンの色がおかしいのは、GR-Dのポジ調になっていたのに気がつかず
そのまま撮っていたから。
ふたつのソフトに行って来いさせても直らなかった...orz




寺家町産野菜のマリネ  ニンジンジュース  ビーンズサラダ
c0117943_22232091.jpg
雑穀米  自家製クリームチーズ  グリーンカレー



サラダのドレッシングはフレンチベースで、ほのかに柑橘の味?!
オレンジの果汁をちびっと使っているそう。
クリームチーズはどちらかというとカッテージチーズのようだった。
これにもオレンジのスライスがちょこんと乗ってる。
主役のグリーンカレーはココナツ度は低めでアタシ好み。
食べ進んでも具の味がちゃんと分かる程度にきちんと辛い。


アイスコーヒーをチョイスして¥1,500也
c0117943_22235756.jpg
堂々ヨコハマ価格w も 当然だな



めっちゃ美味しかったー!
c0117943_22241921.jpg
ものづくり空間『JIKE STUDIO』(横浜市・寺家町) CAFEにて。



[PR]

by nene_co | 2013-05-02 22:27 | プロのお仕事 | Trackback

福生食

福、生食ではなくて、福生(ふっさ、と読みマス)の美味しい食事の記録。


どーんw
c0117943_23163150.jpg
a local cuisine of Fussa!



最初に見た時はパテのあまりの黒さにギョっとしたのだー
バンズがトーストされてるんだよ、珍しいなぁー
と、この2点についてアメリカ食に詳しい小僧(仮名)に尋ねたら
それが正しいアメリカ食、だとのこと。
よかった...これ、真っ黒に焦げてますよ?ってお店に突き返さなくて。(笑)
実際、食べたらあまり焦げ味は気にならないし、
肉汁と脂がダラダラと出て、肉と脂の香りがたまら~ん。
カリッとトーストしてあるためか、バンズが肉汁でベチャベチャにならないのも◎



「福生バーガー」
c0117943_23165066.jpg
バンズとパテのみの一番シンプルなバーガー



バーガーだけでもたくさんの種類があったような気がする...
グラムも2種類から選べて、「全部入り」みたいなのはお値段も跳ね上がるけど。
ほどよくザワザワした店内が心地よく、キャパはそこそこあるのに
昼ドキより前に到着しないとウェイティングがかかる。
接客自体は特にアイソがいいってわけではなく(特に悪いわけでもない)...
それもイマ風だな。
まるで、笑ったら負けとでも思ってるかのように、
店員さんがニコリともしない飲食店、増えているように思う。

福生駅からはゆうに2kmを越えていて、拝島からの方が近いぐらいだった...orz
第二ゲートから福生駅へ向かう途中の八高線の線路付近に
系列店のデモデヘブン 福生店というのがあったので、
メニューが少し違うようだけど、そのうちそっちでも食してみたい。
デモデは「紅虎餃子」の会社なんだってさー


デモデダイナー 福生店 さんにて
c0117943_23172123.jpg

栗原ネガティブ某、みたいな店員さんが鏡の中に! <ちっちゃくて見えんorz




ヘラヘラしてアタマ悪そう?
[PR]

by nene_co | 2013-04-01 23:21 | プロのお仕事 | Trackback

花より大福



写友さんたちと青梅の吉野梅郷へ。
c0117943_205250100.jpg

すごーい、山ひとつ、梅づくしッ!



こんな風景にジオラマモードを適用しちゃうと、鉄道模型のジオラマレイアウトだにゃ。
園路を今にも列車が走ってきそう。架線ないし...非電化区だな。


青梅土産の2点の記録。
梅林から下りて駅へ向かう帰り途、お土産買いに寄ろうと楽しみに覗いたお店。
あれ?たったいま閉店した模様。
店先でわーん(泣)って、アマゾネス2人+1匹(ワタシ)が騒いだら、
お店の方が戸を開けて「どうぞ」って招き入れてくれた!
いやぁ~買えてヨカッタ...



青梅・紅梅苑さん「梅花大福」と
c0117943_20541468.jpg

同じく「柚篭」



大福は一個200円、ひとくち桃山風の方は極小で1個100円。
とても丁寧に作られていて、どちらも京菓子の印象アリ。
甘くないさらし餡としっかりした求肥はアタシ好み。
「柚篭」は職場へのお土産で、数がギリギリ=自分の口には入らず...orz




c0117943_2111059.jpg
パッとしない写真で恥ずかしッ



立派な化粧箱に入っていて、量も多い。柚篭は12個の上は24個だったかも?
バラ売りとか5~6個の自宅用包みがあったらいいのになぁ。
他にも美味しそうな和菓子があって、ジョシは少しずついろいろ買いたいんだもの。
あれ、ジョシじゃなくて一匹だっけ。あ、一頭か。



梅三昧な2013年の三春がいく
c0117943_2122526.jpg

saduki...大福4個、どうしたんだろ。



[PR]

by nene_co | 2013-03-23 21:08 | プロのお仕事 | Trackback

自分チョコ ~3人の子持ちになる



c0117943_12464789.jpg
ホントはペリカンが欲しかった。



なんで自分の父にチョコレートを買わなくちゃならないんだーと
毎度思いながら、自分の買いたいものを買う。(笑)

動物チョコは数年前にも買ってるのだけど、ペリカンがあるなら欲しー
でも、メーカーのホームページがなく、どこに卸しているのか
事前に情報が掴みにくい。
新高で見たーというネット情報を見つけたので、玉高にもある?と思ったら


あった!
c0117943_1247414.jpg
ZOOLOGY 『コブタの三兄弟』



ラインナップにペリカンはナシorz
c0117943_12472653.jpg
お味はいたってフツーですw




もうひとつ、載っけておこ。


孫から爺へのチョコレート。
c0117943_12474812.jpg
メリーチョコレート 『chocolawka(ショコラーシカ)』



カワイイね♪
c0117943_12481659.jpg
これも...お味はいたってフツーですw


このふたつはヨコハマと東京のメーカー。
日本のチョコはやっぱり安心。フツーは安心w
この他にも、母と母の友人からも貰ってた父。
お返しが大変だねぇ。



[PR]

by nene_co | 2013-02-16 12:55 | プロのお仕事 | Trackback

久しぶりのカフェ


本に載るよな有名カフェは
c0117943_636456.jpg
お久しぶりっす



新宿御苑・新宿門の前にある有名なカフェ。
休日はウエイティングかかってるみたい。
この日はどしゃ降り。
御苑近くに用事があったので、sadukiさんとワタシのコンビでお邪魔した。
昨年12月の話。
クリスマス3連休の雨の日だもの、御苑を目指して来る人は
さすがに少なかったねぇw
開店後、暫くの間は貸し切りで居心地のいい空間を堪能。
リビングのようにくつろげる、は誇張ではなかったよ。
カップルに人気なのも頷けるな~


『BOWLS cafe』(ボウルズカフェ)
c0117943_6363884.jpg
ガーリー過ぎず尖り過ぎずのさじ加減がグっ!



ドアを開けた途端のカレーのいい匂いに、かなりキモチが動いたけど
とりあえず、粉モンに。


スコーン、激ウマ!
c0117943_6371822.jpg
ホイップとはちみつを垂らして。


ホットビスケット寄りかなぁ。モフモフでもなくザックリでもなく、
ふんわり層になっている。ハチミツも後味がヨカッタ。
オーダーしたのは、スコーンと木の実のタルト、紅茶(フレーバーティ)のセット。
どれも美味しかった!
ランチ時でもスイーツのオーダーが出来るのは嬉しい。


じゃーん!
c0117943_6373546.jpg

こーんなにボリューミーなのだ^^


御苑界隈にはまだまだ有名店がありそうだし、
このお店の、カレー(saduki用にミニサイズありw)や
パンペルデュ、アレンジレモンネードも気になるぅ。
ボチボチ訪ねてみようっと。



で、彼女からこんなのをいただいたので、
ワタシのくすんだ紫色のお財布につけてみた。


にっこり笑ってる太陽。
c0117943_6434040.jpg
癒される~



服や持ち物の色に関しては意外と保守的なワタシ。
渋赤×オレンジ×青。そうきたかッ ちょっと思いつかない組み合わせ。
自由に色合わせを楽しんでる今の若い子たちに倣って、
ワタシもザワザワ系を楽しんでみよう。
サンキュー saduki!






実験中w
[PR]

by nene_co | 2013-01-17 06:50 | プロのお仕事 | Trackback