カテゴリ:プロのお仕事( 56 )

静かな正月


あけましておめでとうさん!

昨年に引き続き今年も9連休。
昨年のお節はお煮〆代わりの筑前煮をアタシが担当したのだけど
今年は免除してもらった。
妹一家も来ないので(今年は京都で過ごす=毎年かわりばんこ)三が日の支度も縮小傾向で。




c0117943_23040538.jpg



2015年買いお節はコレ!

c0117943_23041757.jpg


金沢「金茶寮」 五・五寸角三段重 ¥23,700
(前日に撮ってるので一部ビニールかかったまま失礼)







昨年、加賀料理のおせちを注文してとってもよかったから今年は金沢の
別の店のものにしてみた。
やっぱり細工が可愛らしくて、正月らしくていいな。
内寸で155mm角なので3段といえども総量は少なめ。
我が家三人で食べるならこれで十分。
好き嫌いの多い我が家が、来年も金茶寮さんでいいかなー と全員一致の高評価。









薄めのキレイな色に炊けてるあれこれが詰まった
一の重


c0117943_23043421.jpg


味がぼんやりしてるかな?と心配したけど杞憂だった








二の重(手前)
黒かじきの昆布〆は富山で有名な逸品らしい
刺身が昆布から出る成分で糸を引いていてつるんとして旨い!

c0117943_23050070.jpg



三の重(奥)
海老クルミ、梅くらげ、帆立わさび...酒肴的定番だけど
どれも味がまとまってて◎






さて、毎年悩ましい正月用の酒。
昨年は燗で美味しいのにしたから、今年は冷や~常温で美味しいものに。
しかもやや辛口。これは完全にアタシ好み。
英爺が不満タレるかもしれないけど今年はアタシ好みにする番だからね!
実は11月に取り寄せ、北向きの冷蔵室に冷暗所保管していたのだ。





じゃーん♪

c0117943_23051824.jpg






すとん

c0117943_23052967.jpg



脱いだ (・・;)

秋田清酒 刈穂「秋kawasemi」5合瓶



鳥の絵のラベルにこだわって3年目。
このお酒のポスターを夏の終わりに街中で見かけ、今年はこれにしようと検索したら
限定品だった...orz
東京でちょいちょい探したけど現物を置いているところはなく
これは11月に秋田の酒屋さんにネット注文して取り寄せたもの。
僅かな期間で売り切れになるみたいだから、運がよかったみたい。
春バージョンの限定品もあって、そちらは「桜kawasemi」というらしい。
割と辛め、後からふわっとフルーティな香りが。
ものすごく美味しくて、珍しく初日から1.5合ぐらい飲んだかも。
蔵で寝かせてから出荷する秋kawasemiでもそこそこパンチがあるのだから
刈穂のフツーバージョンはもしかして、尖り過ぎててお子様のワタシには無理かもなぁ。





[PR]

by nene_co | 2015-01-01 23:17 | プロのお仕事

世の習い


栄えたり衰えたりすることは、世の常であり、決まりきったこと
とはいえ...
飲食店って大変だなぁ。


実は我が街にもショップがあったのだけど、2年ほど前になくなっていた...
ブームの時は洒落オツパン屋に疎いワタシでも知ってるほど、勢いあったよ。
今では新宿や渋谷、東京駅のサテライト店みたいなのも
ちょいちょい閉店しちゃって。



Dominique SAIBRON


c0117943_21334729.jpg


ドミニク・サブロン



写真のショップは新宿三丁目店。
普段から車生活の人にとっては新宿駅から歩いたら遠いよ、要注意。
新宿御苑の新宿門からも近くて、花を見に行った時に通りかかったら
ホンノ数組分しかないテーブルが殆ど空いていたもんだから、
久しぶりにイートイン利用。

真っ当な穂が3つしかないミニエピとクロワッサン・オ・ザマンドにカフェオレ
プリンをつけたらほぼ1300円...orz
美味しいよ。
粉は臭くないし、酸っぱくない。
エピは温めるか聞いてくれたし、粒マスタードの酸味はパンチがあった!
プリンにはこれでもかとバニラビーンズの粒が浮いていた。
美味しいけどね。
ちぃと高いね。
ファストフードやもんなぁ、これ^^;




[PR]

by nene_co | 2014-12-18 21:41 | プロのお仕事

黄色ハンター


JR高尾駅付近の甲州街道銀杏並木の見頃にギリギリ間に合うかと思って、
ぶらり高尾駅前散歩。







Route20 町田街道入口交差点歩道橋より

c0117943_17372026.jpg



甲府方向











同じく

c0117943_17371752.jpg



新宿方向




駅前から往復700mほどしかあるかないうちに
散歩はそこそこで切り上げちゃうもんね。
高尾山や裏高尾からの下山者で駅前が大混雑してしまう前に
ぜひ行っておかなきゃ!なところがあったから。





一度食べてみたかった

c0117943_17371127.jpg



一言堂 (Ichigendo) さん野菜のカレー ¥1200ぐらい



一言堂さんはJA高尾駅直結というか、JR高尾駅舎内に併設。
北口のみどりの窓口の対面に小さなパン屋さんらしき入口があるから
とりあえず入り、そのまま奥へ進むとレストラン。
駅舎の外側(道路側)からも入れるし、
パンだけテイクアウトしたいなら、改札内からでも買える。

このカレー、さらさらカレー好きなワタシのめっちゃ好み!
お店の野菜たちは、たぶん地産のものだけどレンチンかな。
丁寧に蒸したりは出来ないだろうから。

カレールゥは壺に入った別添えで出てくるから自分でザバーッとかけるのだ。




c0117943_17364881.jpg


小さなサラダのお味も◎







自分で作る時の理想カレーはスープカレーとフツーのカレーの中間ぐらい。
スープじゃなくて、ご飯にかけて絡ませたいから、
あまりしゃばしゃば過ぎず、かつドロっとしないもの。イモ類は入れない。
手羽中をこんがり焼きつけたものと、彩りのいい野菜を素揚げして使う
具材を煮込まなくてもかけるだけで、お皿の中でルゥがちゃんと絡むのだ。
ちなみに、ルゥは市販のカレールゥを少なめに使い、
他の調味料で足りない分を整える。
日本のカレールゥを発明した人に(ハウス?)感謝!

パン屋さんで売ってるパンは全部「白神こだま酵母」のパンだった。
山食1斤400円也。
この酵母を使うと、素朴な感じで香りが独特になるのを知ってるので
甘いパンだけ買って帰った。
確かクロッカンと呼んでいた商品、3つで330円という破格のお値段で
不審に思いつつもお買い上げ。
これが大当たり!
画像がないんだけど...母とふたり、リピートしたい菓子パンだね、と意見の一致をみる。
Ichigendoさん、パンもレストランもオススメ。



で、この一言堂というお店の母体は、「石見銀山生活文化研究所」という会社。
島根県の大森町というところから発信される丁寧な暮らしのスタイルは
衣食住のカテゴリ別にブランド化されて東京に輸出されているらしい。
「衣」の部分、ちらっと覗いてみてのけぞった。
裏起毛のスウェットパンツが2.2万円(税別)とか。
丁寧に暮らすというのはお金がかかるねぇ。



おまけは高尾駅前のファミマの看板の上に

ハクセキレイ

c0117943_17372380.jpg


観光客が食べ物をこぼすのを待ってる賢い子。







[PR]

by nene_co | 2014-12-01 17:59 | プロのお仕事

オトナ専用



緑蓋のニューフェイスが
東京でも手に入ったYO!

c0117943_23051258.jpg


チチヤスヨーグルト
オトナの低カロリー





青と赤はかなり味が違うけど
緑と緑はひと口ずつ交互に食べたとしても
その差は僅差なような?!




[PR]

by nene_co | 2014-11-15 23:06 | プロのお仕事

ワインと料理のためのパン



c0117943_9143818.jpg



妹のナビで初めて行ったこちらのパン屋は
多摩でチェーン展開するトラットリアの関連の店らしい。
吉祥寺の表通りから一本入ったところにあって、
駅からのアクセスは良く、静かで雰囲気のある建物。
奥は薄暗いビストロになっていて、ランチコースで3千円くらい。
女性客で混んでいた。
アラカルトもあるみたいだけど、時間を気にしないで
待てる&ゆっくり食事をしたい人向けかも。



Boulangerie Bistro EPEE(エペ)さん

c0117943_9151078.jpg

でも、黒くて酸っぱかったから
パンの写真はない。(笑)



写真に写ってる山食の棚は広いのにレジ前のスペースが狭く、
特にレジ横のパンの陳列がごちゃごちゃして見難い。
ナッツのパンを撮ったつもりが違うパンだったしな。
選びにくいというのはちょっと残念。
妹に言わせれば、ねぇちゃんがボケっとしとるから...なんだろうな。
ポアンだとパンは見やすい高さに整然と陳列されていて
これ!って指差すとお店の人が取ってくれる。
お店の人が客の横についてきて指さすものを取ってくれるダンディゾンは
逆に買いにくいし。



EPEEのパンはワインと料理のために考えられたパンらしい。
あ、だからそのまま単体食いしてもイマイチなのか...(笑)
ワイン飲んでれば、黒い粉の臭さも酸っぱさも気にならないのかもしらん。
次回はヴィエノワズリーをテイクアウトして
パンのレポートがちゃんと出来ますように。




[PR]

by nene_co | 2014-11-01 09:27 | プロのお仕事

米も好き


基地バーガーとか串団子とか、手掴みでしかものを食べないと
思われているだろうなぁ。
お箸も上手に使えるよ?


めずらしく2家族3世代7人で吉ブラ。(=吉祥寺ぶらぶら)
この人数でぶらぶらするといつも困るのが昼ご飯。
みんな揃ったけどどこ行く?と考えるより
お昼ご飯を何時にどこで食べる?を先に決めてから
ぶらぶらするコースが決まるほど。
人数多いだけでもハードル上がるのに
義歯チーム、カフェご飯嫌いor大好き、鶏肉嫌い、
洋食器が使えない(←皿を持ち上げる英爺)と様々なんだもの。


そんなメンツで吉祥寺に行く時のランチはここで。
魚も揚げものも肉もあって、12時までに入れば
7人でも広々席を確保出来る。




海鮮丼

c0117943_10070859.jpg


subLime(サブライム) 吉祥寺井の頭公園店




他のメンバーは から揚げ定食、豚角煮定食などを食していた。
どれも旨そうだった。
写真撮る時に気がつかずに切れちゃったけど、
みそ汁には魚のアラが少し入っていて、いいお味。
居酒屋なのでランチの丼の中身は日々変わるっぽい。
それどころか、一日のうちでも違うみたい。(笑)
「早い時間なら海鮮丼に中トロ入ります」という店のツイートを見たゾ。
この日、海鮮丼の値段は1200円。きっと値段も変動するんだな。
井の頭池のほとりにあって公園駅から吉祥寺駅への散歩コース上にある。

色んな飲食店を手広くやっていて、中でも国分寺の「生ハム」という
そのまんまな名前の店に興味深々。
ランチ営業してるみたいだ、こんど行ってみようっと。





[PR]

by nene_co | 2014-10-25 10:09 | プロのお仕事

島を半周してまでは...


行かないな、アタシは。





(一番シンプルな)ハンバーガー
c0117943_2347921.jpg

KUA`AINA (クア アイナ) 丸ビル店





「(オアフ)島を半周してでも車を飛ばして買いに来たい店」というのが
どれほどのものかと思ったが...
福生バーガーの足元にも及ばないネ。


マックのよりもっと細いフライドポテトやバンズは旨かったYO!
肝心のパティが...残念過ぎたッ





[PR]

by nene_co | 2014-10-17 23:51 | プロのお仕事

福生食 #3


福、生食ではなくて、福生(ふっさ、と読む)で食事をするならコレ
というテッパンメニューの記録。




c0117943_20541620.jpg

a local cuisine of Fussa!




#1の時はランチ時。
今回は夕方に訪問。
一番値段の安いシンプルなハンバーガーはなぜかメニューに載ってなくて
チーズバーガーが一番シンプルそう。
昼と夜でメニューが変わるのかな?ナゾ。
ハッキリ言って、チーズは邪魔。
これじゃせっかくの肉脂が味わえないぢゃないかッ!
そして今回のパティは殆ど焦げていなかった。
もちろん美味しい。でもインパクトある前回の方が好み。
もう一回ランチ時に行ってみて、あの焦げた感じが標準なのか否か
確かめてみたい。




c0117943_20540646.jpg


デモデダイナー 福生店




[PR]

by nene_co | 2014-10-03 20:57 | プロのお仕事

丸の内スイーツ



あぁやっぱり名店のおデザは
正しく美味しいのだ。

c0117943_22105863.jpg



『珈琲あんみつ』
珈琲黒蜜をかけていただきまッす
珈琲ゼリー×あずき×黒糖のハーモニー♪ (笑)



叶 匠壽庵 新丸の内店にて。




[PR]

by nene_co | 2014-07-27 22:16 | プロのお仕事

冷やしせんべい



最近ハマってるんだ、これ。
c0117943_13452437.jpg


日本橋錦豊琳(にほんばしにしきほうりん)
『味しみおかき オリーブオイル』



一世を風靡した?東京のかりんとうメーカーによるせんべい。
メーカーさんサイトによる商品説明はこう。

わざと削り、おかきの中まで秘伝の甘だれをしみこませたおかきに
風味豊かなエキストラバージンオリーブオイルをかけました。
さっぱりとした味わいです。


地元のスーパーの米菓コーナーで見つけたもの。
この商品だけ群を抜いて高く、一袋千円。
きっと旨いんだろうなぁと買ってみたら、有名店のものだった。(笑)
チャック付き透明袋にガサッと入っていて、量的にはこの写真の量の
2倍ぐらい。


開封したてはオリーブオイルのフルーティな香りがする。
よくある「ぬれせんべい」ほどはねちゃねちゃしてなくて、
かなりの堅焼き。
袋に「冷やしてもおいしい」ってシールが貼ってあったから
試してみたらこれがイケるのだ、暑い時もさっぱりといただける。
ネズミが齧るようにちびりちびり冷蔵庫から出して食べている。
だって高いんだもーん。
東京の夏、フツーに保管したらたぶん、脂がべっとり出てしまうかも。


地元のちっちゃいスーパーで扱っている不思議...
今後、扱い中止になってしまったら、東京駅グランスタの錦豊琳では
買えないのがヒジョーに残念。

日本橋錦豊琳は東京地区にしか店舗がなくて、東京土産にうってつけなのも納得。
流行った頃は買うのに小一時間待ちだったっけ。
細くて柔らかくクセのないかりんとうだったような記憶あり。
全国の伊勢丹でも催事出店してるみたいだから、
もし見つけたらこのおせんべいもチェックしてみてな。



[PR]

by nene_co | 2014-06-28 13:46 | プロのお仕事