カテゴリ:プロのお仕事( 56 )

@粉的「銘菓リスト」更新のお知らせ(追加アリ)



松本地方、追補版。(笑)


松本在住の詩作家で写真家の11hiyoさんことヒヨさんからの
いただきもの。




c0117943_09530533.jpg


フランス菓子店「マサムラ」天守石垣サブレ
レトロな包み紙とリボンの色にテンション↑





c0117943_09530585.jpg


えーっと、どこら辺が松本城の石垣なのかは
スルーしまして<(_ _)>






マカダミアナッツの砕いたのが入ったサブレ生地は濃厚で食感も◎
間にサンドされたホワイトチョコとのマッチングも◎
はぁ~これめっちゃ美味しい♪
ホワイトチョコがサンドしてあるサブレといえば北国のアレが有名だけど
あんなに小さくなくて、ひとつで大満足。
直前まで冷蔵庫で冷やしてあっても、室温30℃で撮影中にも溶けかかる...
急げ~







もう少し寄ってみるとこんなン


c0117943_09530516.jpg



むふふ お約束ですな^m^
ご馳走さまでしたン♪





「松本に行ったら買って帰る」が、またひとつ増えてしまった。(笑)
松本って、バス賃も宿賃も比較的安いのに、いつもお土産代がすごいのだ。






写真家さんに撮ってもらった!
[PR]

by nene_co | 2015-08-02 09:59 | プロのお仕事

ツウの沖縄朝ごはん


ワタシのグラノラ好きを知ってたのかな?
那覇市松尾にある「旅先で食べるおいしい朝食」をコンセプトにしたハワイの朝食カフェ。
ここのオリジナルグラノラを、カオッチが沖縄滞在中に直送してくれた。



「C&C BREAKFAST OKINAWA」 さんの
オリジナルグラノーラ 2種


c0117943_12483810.jpg


チャック袋も嬉しい♪




諸事情により平日のワタシの夕飯はシリアルやグラノラ。+ 食後に果物。
このスタイルにしてから、そろそろ10年近くなる。
その代わり、朝からパン、サラダ、肉、果物とガッツリ食べるのだ。

このオリジナルグラノーラ、めっちゃ美味しい!
いろんな種類のナッツがぎっしり、香ばしさの中にしっかり甘味が感じられる。
牛乳かけると牛乳にもグラノラの味が移ってサイコー
もったいなくて&カロリーも気になって、実はKellogg'sのオールブラン ブランフレークを少し混ぜて
嵩増しして食べている。(笑)




で、昨年から流行っていたらしいナントカジャーに詰めるやつ...papricaさんが以前、
ブログで紹介されていたっけ。遅ればせながら、マネっこしてみる。



c0117943_12483861.jpg


持ち運ばないからドイツの瓶で。(笑)
Weck Tulip Shape 220ml





ジャーにナマモノ詰めてお弁当にするのって、高温多湿の日本では難しいんじゃない?
と思っていたけど、Webの雑貨屋さんなんかでは、家カフェとかホームパーティの
「演出」としての提案なんかもあったよ。
なんというか、流行の仕掛け人ってホント商魂たくましいなぁ




c0117943_12483845.jpg


ヨーグルトの水切りが足らなくて撮影中にホエイ滲出^^;
味は断然よいけど色が悪いなー ゴールデンキウィ
こっち食べ付けちゃうと青いのは青臭くて...





ヨーグルトとフルーツの酸味って、グラノラに合うんだね。
グラノラはシンプルに牛乳でしょー
ヨーグルトや果物の水分でぐしゃぐしゃになったグラノラなんて...と思っていたけど、なんだ、
やってみたら気にならないや。(笑)
さっぱりしているのに、湿ったグラノラは程よく「食べた感」があって暑い日のブランチにもぴったり。

ご馳走さまでしたン♪




[PR]

by nene_co | 2015-07-19 13:03 | プロのお仕事

おひとり様珈琲


猿田彦珈琲の2号店がなんと我が市の、
なぜかそこだけ東京03局番なあの街に出来た。
それも東に1ブロック歩くとスタバ、西に1ブロック歩くと星乃珈琲店のある区域に
堂々オープン
やるな~

ジョージアの缶コーヒーの監修をしているね。
あまりTVを見ないワタシなのに、CMは見た事があるよ。
猿田彦珈琲、スッキリとしていてでも酸っぱくなくて、アタシは好み。
仙川アトリエ店ではグラノラの牛乳かけとか
ちょっとした焼き菓子なんかも食べられる。
両隣りの有名チェーン店より
店員さんの好感度大。

レジがiPadとiPhoneなことにはさすがに仰天したけどな。(笑)




店頭で「猿田彦French」という豆を買った時に
同じ棚に置いてあって目に留ったkalitaのドリッパーが
とっても重宝していて、美味しく入れられる。と思う。


c0117943_20173344.jpg




「猿田彦French」× カリタ ウェーブドリッパー155



1~2人用となってるけど、すごく小さくて、これは完全にマグ1杯分。
ステンレスでしっかりした作り、専用のペーパーフィルターが必要。
豆を蒸らしてドリップ開始すると、ドリッパーのフィルターにムクムク上がってきた粉が
フィルターのひだひだの壁にひっついたまま落ちないでいる。
2回目のお湯を注ぐとまたムクムクと上がってきた粉豆が、また壁にひっつく。
3~4回くらい注ぐと、ドリッパーからの抽出液も落ちにくくなってきて
見るとちょうど1杯出来上がっている。
実にすばらしい。




c0117943_20173390.jpg



α6000にFE55mmをおごってあげて、82.5mm相当でブツ撮り。
やっぱキレイだなー FE55mm、でも最短50cmって酷過ぎるな。
キヤノンのフルサイズ50mmは35cmまで寄れるのに。

最短撮影距離を縮めるためにkenkoのクローズアップリングを装着
AF合焦範囲が狭すぎて、ちょっと距離目測を誤るとこんな感じ。(沈)
装着がレンズリア側で取扱いがメンドくさー





[PR]

by nene_co | 2015-06-01 06:01 | プロのお仕事

@粉的「銘菓リスト」更新のお知らせ


過去にも紹介したことがあるのだけど松本地方版、再掲。
この春の訪問で初めて、店内の写真を撮らせてもらった...ものの...







遠慮がちに商品周りだけ。(笑)

c0117943_22583611.jpg





c0117943_22583696.jpg


アタシのイチオシ!
長野県松本市『山屋御飴所』




松本には有名な飴屋さんが数軒あって
県内の人にはそれぞれ贔屓の飴屋さんがあるみたい。
昔ながらのすくって舐める水飴を原料に
形を変えたいろんな製品がある。




どの世代にも、どんな仲間にも喜ばれるのが

c0117943_22583725.jpg


山屋御飴所謹製「板あめ」




ポリポリと齧って食べることが出来て手にも歯にもつかない。
アクセントにピーナッツのつぶつぶが入っている。
賞味期限も充分で、真夏や暖房器具の傍でなければそれほど神経を使わない。
個包装になっていて、8袋入りの自宅用簡易包装版から化粧箱入りまで4種類。
きっと必要な分にちょうどいい量が見つかるよ。
時間がない時は駅構内でも買えるしね。
駅から15分弱の本店まで歩いて行けば、お買い得の「こわれ」を
半値以下で買えることもある。(日によっておいてないこともある)





もうひとつ。
開運堂さんのレアな商品をご紹介。
松本パルコ裏に御殿のようなでっかい店舗があって、
このお店の商品もいろいろと知られている。
中でも看板商品の「真味糖」は有名で、小さくて配りやすいし
職場なんかへのお土産にも最適。
今回、店内を物色していたら「生」バージョンを見かけたので購入してみた。
ショーケースにラス1だった。
商品の性格上、あまり沢山の入荷はないのかもしれないな。





c0117943_22583607.jpg


開運堂謹製「真味糖 生」←名前そのまんまw




歯が溶けそうなくらい甘いんだけど、食感は品があって
ウチの老人たちも、これ旨いと言っていた。
日持ちは10日しかしないし、個包装でないのと開封したら劣化が早いらしく
手土産にはあまり向かないかもなー









c0117943_22583774.jpg


鳥のフセンは
敬愛する松本在住の詩人で写真家のこの方
からのいただきもの。

小鳥連盟なの、ワタシたち。


以上、今後も3年5年と続くと思われる松本通いからの
お土産情報でしたン




[PR]

by nene_co | 2015-05-19 21:27 | プロのお仕事

@粉的「銘菓リスト」更新




2月末の観梅会in京都の際に、沖縄帰りでお疲れのカオッチ夫妻が
時間を作ってくれて約1年ぶりに会うことができた。
して、ちゃっかりいただいちゃったのだー 沖縄土産。






「とりサブレ」


c0117943_22581546.jpg



[oHacorte] (オハコルテ)





なんと銘菓リスト初登場の沖縄銘菓!
有名なタルト屋さんなんだって。
フレッシュフルーツを使ったタルトは長距離の持ち帰りが出来ないから
タルト生地を使ったサブレを選んでくれたそう。
クリオネちっくに見えなくもないゆる~い感じのトリ型が可愛らし。
サクサクで香りもよくとっても美味しかった!

浦添市にある店舗は米軍ハウス跡を利用しているようで、
何でも外人サイズかと思いきや、元は納屋なんか?と思うよな(失礼!)コンパクトさ。
母体はこれを持つ不動産会社?ってのも面白いねー
そういえば、我が街にもワタシがコドモの頃にはまだ、あんな真四角な米軍ハウスが
残っていたんだった。
オハコルテに行ったことがないから想像で書いてるんだけどね。
ベーカリーのパンも美味しそうなんだなぁ。
サイトに「開店時間が早くなりました!」って目立つように書いてあって...
見たら11:30~って...(笑)
観光名所になるほどの人気店なのに...うひゃひゃ沖縄時間的には早いんだろね^m^

とにもかくにも美味しかったし、パッケージもかわいらし。
ご馳走さま♪





[PR]

by nene_co | 2015-03-25 23:00 | プロのお仕事

喫茶難民を救え!


京都・北野天満宮からの帰り道。
小雪もちらついていたし、疲れて喉が渇いた...寒いよー温まりたい♪と
付近をキョロキョロ。
市バス203系統で宿泊ホテル前まで帰ることが出来るから、天神さんのバス停から
あまり離れたくないー
キョロキョロして偶然見つけた小さな靴ぬぎ系のカフェ。
今出川通、北野天満宮前バス停から西へ3分くらい。脇道を左へ入りすぐの2階。






1Kの友達んちにお邪魔するような


c0117943_20224511.jpg



そんな大昔の感覚をふと思い出した










「BENCH & MUG」さん


c0117943_20224121.jpg



アップル アップサイドダウンケーキ







運ばれてきた時に驚いた!
もりもりに盛られた上のクリームはナニ?!
クリームだーい好きなアタシ、ひゃはー状態♪
ちょっと黄色いよ?クロテッドクリームかなぁ?いや、もっとモロモロしてる...レモンの酸味...
お店の方に聞いてみたらレアチーズケーキなんだってさ。
ケーキ本体部分もさっぱり目のベイクドケーキ。リンゴにはチーズクリームが合うもんね。
レアチーズケーキのタネとはいいアイディア。
たっぷり注がれたオーガニック・コーヒーと、大きなワンカットのケーキで800円台という安さで
美味しくいただいた。
こういうの食べる時にカロリーは考えちゃダメ~
この日はたまたま、他のお客さんがいなかっただけのようで、
ハコは大きくはないから、臨時の店休日とか満席具合をFBで確認しておく方が良さそう。





通りからちょっと引っ込んでるよ
よっく探すこと!

c0117943_20224873.jpg



2階だよ!







[PR]

by nene_co | 2015-03-17 20:26 | プロのお仕事

京の早春の旅



過去に、京都の桜、紫陽花、紅葉、のそれぞれのシーズンのベストに
京都に訪れている。
4月、6月、10月、11月。あとは冬の梅だけ。
ということで、初めての2月末訪問を決行。
梅にはちょっと早く、3日のうち2日間は傘が必要という、いつものパターン。
これで真夏以外の京都に行ったことにはなるのだけど、
やっぱり京都は桜が一番いいな。
伸ちゃんの言っていた通りだ。






本日の『一汁三菜定食』


c0117943_23342292.jpg



豚バラと大根の梅煮
玉ねぎのサラダ
カクテキ?
お味噌汁(ミョウガ入り♪)
ご飯(京都産 白米・五分づき)




写真のごはんは京都・三条高倉の「日常茶飯+」さん。
ピントが浅すぎたなぁ...orz
ここ、営業時間内なら何時にお邪魔しても定食がいただける。
おひとり様でも利用しやすい。
縁あって、このお店の立ち上げちょっと前の頃から
どんなメニュー展開になるのか大体知っていたのだ。
店主とは顔見知りではないのに、
オープンして順調に人気店に育ったことを(勝手に)とっても嬉しく感じていた。
最近はFBの更新が間遠になっていてちょっと心配しながら訪ねたら
変らぬ味と店主のにこやかな顔が迎えてくれてホッとした。

「京都のおばんざい」を謳ってる観光客向けの知らない店に行くぐらいなら
断然「日常茶飯+」、オススメ。
ホントは、関東の京都贔屓な人たちに教えたくないぐらい。
でもしゃぁない、教えてあげるよ!(笑)



[PR]

by nene_co | 2015-03-12 21:03 | プロのお仕事

@粉的「銘菓リスト」更新


以前紹介した富山県高岡市の銘菓の雛まつりシーズン限定品をなーんと、
恵比寿三越で見つけた!




c0117943_18301317.jpg


大野屋 高岡ラムネ『雛まつり』



モチーフは『宝尽くし』と『貝合わせ』で使っているものと同じだけど、
ラムネがほんのりイチゴ味。
程よいピンクも可愛らしいのだー!
賞味期限は2ヶ月ほど。
なぜかこの商品、大野屋さんのホームページに掲載されていない...
まさか...三越限定品?!





[PR]

by nene_co | 2015-03-01 18:35 | プロのお仕事

5感で味わう





c0117943_21414066.jpg



MOKICHI FOODS GARDEN
MOKICHI Baker & Sweets


in 茅ヶ崎





きっとどこぞの有名な仕掛け人の手による店かなぁと思ってたけど
母体は、明治より150年近く続く熊澤酒蔵という湘南の酒蔵会社。
茅ヶ崎駅からほど近い場所にある大きな精麦工場跡をそのまま利用した
ピッツェリア&ベーカリーに行ってきた。

一人メシだったし初訪だったから、レストランに併設のベーカリーの利用で
パンとカフェオレにする。
片手でパクつきながら、店内をジロジロ見まわそうって魂胆^^





右手側がパンの陳列棚


c0117943_21413946.jpg




左手がベーカリーのレジ


c0117943_21414090.jpg


白壁の裏側が工房





撮影の許可は貰ったのだけど、店内をウロウロするわけにもいかず
こんな写真で残念orz
ビール製造工程で蔵元から出るビール酵母のロス分をビール酵母として
使ってるそうな。
焼き上がる食パン類が開店直後からどんどん売れていくし、
予約の電話が入る、入る~
種類によっては、冷めきってないのでスライスの注文には応じられない
なんてやり取りも聞かれて。人気店なんだね。




c0117943_21413947.jpg



美味しかったんだよ、食べたパン!






奥のワックスペーパーに包まれているのはレバーペーストとソーセージの
オープンサンド。もちろん温めて出してくれる。
ドリンクとセットで500円か550円ぐらい。激旨!
手前はオレンジ風味のデニッシュの中にチョコレートソースが埋まってる。
そして値段が良心的なのだ。

所詮ファストフード。

でも、この時の某有名パン屋 wと決定的に違うのは、工場からの香り。
ほのかに甘く、日本酒のような匂い。これがビール酵母の香りなのかな。
ホシノ天然酵母も良く似た香りがするんだよ。
職人さん達の働く様子がチラチラ見えて、道具類のぶつかる音もする。
サブロンはバターの匂いしてたけど、酵母の匂いなんて分からんかったもんな。





本棚から先はレストランエリア
精麦工場の建屋をそのまま使ってるみたい

c0117943_21413959.jpg


フォトジェニックだねぇ







これならピッツアもさぞかし旨いだろうなー
レストランの方は開店11:30~なのに、11時5分過ぎから順番待ちのグループが
続々来店。
開店1順目に30分並ぶの?!...無理orz
ベーカリー利用なら11時から空いてるので、その時間なら
店内のアリーナ席4席に座れる。


そこが埋まると...


c0117943_21414013.jpg



こういった感じの風避けビニール付きテラスで
パンをいただくことになる




せっかくだからこのビニール、もうちょっと体裁よくはならないのかな?(笑)
いつか、ピッツアと地ビールを食してみたいなぁ。
酒蔵会社が作るビールって旨いに違いないから。






[PR]

by nene_co | 2015-02-18 21:57 | プロのお仕事

わが街の03地域



キユーピー 旧仙川工場のショップを冷やかしに行った日、
美味しいお店を見つけたので記録しておこ。

昔から我が市内(東京都23区外)の中でも特別な雰囲気のある街。
このエリアの市外局番は都下のくせになぜか東京03だし、
金持ちの子が通うことで有名な某私立学園があったり
アンドー建築のギャラリーがあったり、ドミニクサブロンが出店(そして閉店)したり。
有名人のたくさん住む成城(世田谷区)という街と隣り合っているからか、
街の雰囲気がかなり成城ちっく。

で、母と一緒だったこの日の食事場所を思案していて、
何となく評判が良さそうで決めた和食の店が、やっぱりすごくて。
ランチの開店時刻6分過ぎにお店のドアを開けたら...残り1テーブルだった。



c0117943_21082161.jpg

前菜のたまごスープ





c0117943_21083568.jpg

お刺身定食
和食ダイニング「簓」(ささら)



お刺身、美味しかったよー & 母は漬物も美味しいと言っていた。
間口は狭いけど奥へ長く、席数は結構あって、
カウンター12~3人、4人席が少なくととも3つ、2人席が3か4つ。
テーブルの間隔が詰めてあって、キツキツなのがちょっと残念だったな。
刺身も美味しいし、値段はこれで1100円。数が限定されているお肉の方は1600円。
毎日のお昼としてはやや贅沢だ。でも、平日の11時半過ぎで満席ならば
フツーの勤め人がお昼に利用するのも難しいか。
そういえば、この日の客層、勤め人らしき人は皆無だった。(笑)



[PR]

by nene_co | 2015-02-09 21:14 | プロのお仕事