マヨは食卓を照らす?!


我が街には昔からキユーピー社の工場があったのだけど、
数年前に工場としての機能は終えて、跡地にはキユーピー関連会社などが集まる
「キユーポート」なるものが出来た。
マヨネーズと愛のある食卓について学ぶ「マヨテラス」という施設が大人気らしい。
確かに予約は数ヶ月先までいっぱい。
キユーピーショップは工場見学の予約がなくても利用出来ると知って
平日の休暇の日にちょっと覗いてきた。



仙川キユーポート(旧仙川工場)

c0117943_19595908.jpg




表記は「キュ」でなく「キユ」が正解(読みはキュ)だそう。
「キヤノン」や「ジヤトコ」と同じだね^^





↑ 上の写真の崖下は京王本線仙川ーつつじヶ丘間。
ここは武蔵野台地のうち、標高の高い武蔵野段丘と一段低い立川段丘の境目で
崖のような「壁」が存在する。
京王線はつつじヶ丘駅をかさ上げする(線路も高架にする)のではなく、
仙川駅を掘り下げて切り通しのようにし、線路自体の高低差をゆるやかにすることを
選んだそうな。
ちなみに、我が家は低い方の立川段丘の方に立っていて、
ウチから南へ1.5kmほど行くとまた崖があり、その先はさらに低い多摩川の
沖積低地となっている。
立川断層とやらがズレたら、わが市は10時-4時の線でパカッと亀裂が入るのかなぁ??




おっとっと...話を戻すよ。


さして広くないけれど
前面全てがガラスで解放的なショップ。


c0117943_19595920.jpg

簡易なカフェスペースがあって
紙コップでサーブされるコーヒー1杯250円ぐらいだったかな。






c0117943_20000031.jpg

なんだかんだ、母と買いまくりw





c0117943_19595914.jpg

自分用のマグ
(デルーカのマグは暫くお休み。重すぎて持病によくないので)
職場の部署へたまごサブレのお土産




そして


c0117943_19595947.jpg

キユーピー製品の詰め合わせトートバッグ








たまごサブレ以外は通販でも買えるからレアでもなんでもないのに、
浪費家親子恐るべし。
たまごサブレはね、お値段なりにやっぱり美味しかった!
残念なのは、このたまごサブレはキユーポート内での製造でないため
製造者の住所が世田谷区となっていること。
調布市とかキユーポートなんてキーワードはひと言もなく、
わぁ可愛い♪って喜ばれるけど、何のお土産か分かりにくいんだな。



ショップ内も撮影どうぞ♪って


c0117943_19595944.jpg

映り込みが激し過ぎて上手く撮れなかったよorz











イスラムの記事の後に続けて天使の記事とは、我ながら黒いな。
wiki見てたら、イスラム圏ではキユーピーが天使(タブーとされる偶像)と
誤解されないよう、キューピーちゃんの背中に羽根を描かないんだって。

そういえば、仏教やカソリックは「像」を拝むから祈る建物の内部を絶対に撮影出来ず、
イスラムやプロテスタントorバプテスト系は撮影に寛大なところがある気がする。
後者は偶像に神はいないと考えるため、礼拝堂はあくまで祈りを捧げるための
箱型の「場所」であるからなのかも?
先の記事で撮影した東京ジャーミー、当時は特に事前に断らなくとも
施設の方にひとこと断り、営利商業利用でないと伝えただけで
すんなりどうぞって言われたんだった。
もう一度撮りに直しに行きたいなぁ。ホントにキレイな青緑なんだよ。
でももう撮影どころか信者以外の出入りが厳しくなっていそうだなぁ。
季節がよくなったらまた問い合わせてみようっと。




[PR]

by nene_co | 2015-01-31 20:22 | 特別